2-6-2の法則

 「パレートの法則」というのを耳にされたことはあると思います。イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが提唱した学説で、2割の高額所得者のもとに社会全体の8割の富が集中し、残りの2割の富が8割の低所得者に配分されるというものです。これをビジネスでは、「売上の8割は、全商品の内の2割の品目によって作られている」「売上の8割は、全顧客の上位2割が占めている」というように使われており、今までの私の経験と照らし合わせても確かにと感じる法則です。
 

 もう一つ「2-6-2の法則」というのも耳にされたことはないでしょうか。平たく言うと、「優秀2割-普通6割-パッとしない2割」というもので、人々が集団を構成した場合にこのような内訳になるという法則だそうです。さらにパッとしない2割を排除しても、新たなパットしない2割がつくられると言いますから面白いものです。確かにスポーツの世界でも金満球団がスーパースターを集めても全員が機能することはないですね。
 

 研修の場でも「2-6-2の法則」を感じることは多々あります。つまり受講者の優秀な2割くらいは学んだことをすぐに実践し更なる成果を上げます。パッとしない2割くらいは学んだことが理解できない、実践しない、そもそも学ぼうとしない。そして残りの6割はその中間です。
 

 経営者の皆さんにこの話をすると、多くの方は「この6割をどう成長させるか」に着目されます。確かに上位8割が学んだことを実践~成果のスパイラルを駆け上れば、全体の成果にもつながります。社員育成としては大成功なのでしょう。
 

 しかし現代のビジネスでは、残された「パッとしない2割」をそのままにしておくことは許されないでしょう。上司とすれば数字が出ればそれで良いのかもしれませんが、この2割を切り捨てても、新たな2割が出現することは述べたとおりです。また経営者や上司の責任は数字を出すことだけでなく、人材育成も重要であることは言うまでもないことです。
 

 上司も決して見捨てている訳ではないでしょう。それなりに要因分析されていて「頭が悪い」「しゃべるのが苦手」「そもそも人と接するのが苦手な性格」等々お聞きします。しかしこれではあまりに抽象的で、手の打ちようがないと思いませんか。皆さんは部下が成果を出すことができない理由をどう考えておられますか?(次回に続く)

PRE  NEXT